ご相談・お問合せは
TEL 0956-22-9966
24時間 / 365日

大学合格体験記


●「一貫した考え方を持って、謙虚な勉強を」
東京大学 理科二類 合格
佐世保北高卒 A・Kさん

受験そのものは想像していたよりずっとあっけないのですが、受験勉強はきつい中にも、嬉しいこともいろいろあって、逃げない限りこれから先の人生においても役に立つであろうと考えられる勉強ができます。
どこの大学を受けるにしても一年間は受験生として過ごさなければいけません。
どうせやるなら頑張る必要のある学校を志望した方がいいと思います。
今は自信がなくても目標をもつことで意識が変わります。
そうすれば毎日部活を頑張っていても「勉強もしなきゃ」と思えます。
できるだけ早く高めの目標をもち、将来のことを意識したうえで高校生活を楽しんでほしいと思います。
勉強法では、一貫した考え方で、それを応用する練習をすることが私には合っていました。
一貫した考え方とは…

●物事を二つの視点で見ること。対比、比較を意識する。
●翻訳→知識・応用・変形→表現のどこが足りないかを見極めること。
●手を動かしながら考えること。

…などです。
ただ数をこなすだけでは、かけた時間に見合った結果は出にくいです。
積み上げた知識をつなげて臨機応変に応用できる一貫した考え方で勉強の質は上がると思います。
しかし、これは一例であって、一人ひとりにとって合っている勉強法は違うので、自分なりの考え方を育ててほしいと思います。

サテラインの授業では富田先生の英語と西岡先生の数学は先生の教え方や考え方が一貫しているのでわかりやすく、富田先生の英語に関しては雑談がブラックユーモアたっぷりで楽しく学べるというおまけつきです。
できれば早めに受講して、直前期は自分で問題を解く時間に充てられるようにした法がよいと思います。

受験年次生としての生活は一年間ですが、人生はこれからも続きます。
先生や友達とたくさん話して、たくさんの失敗やだめなところを直してもらって出会いの中で勉強していってほしいと思います。
みなさんが志望校に合格して笑顔の春を迎えられるように応援しています。
頑張ってください。

●「将来の夢を明確に」
長崎大学 医学部医学科 合格
佐世保北高卒 A・Iさん

私は受験勉強を通して、本当にたくさんのことを学びました。
今回この経験が少しでも皆さんの役に立てればと思います。
私が皆さんに伝えたいことの一つ目はまず何より将来の夢を明確にして、志望校を決めて欲しいということです。
当たり前のことのようですが、夢を叶えたいという気持ちが勉強に萎えたときの大きなモチベーションになります。
私も中だるみ状態になりかけた時期がありました。
でも、夢を叶えるためには、勉強をやめてはいけないと自分を戒めて、必ず毎日勉強時間を確保するようにしていました。
二つ目は高1の頃からしっかり勉強をしてほしいということです。
確かに、授業が本格的に受験モードに入るのは高3になってからかもしれません。
しかし、推薦入試にしても一般入試にしても調査書に書かれるのは高1の頃からの成績についてです。
調査書のためというわけではありませんが、私は高1のころから定期考査、小テスト、課題に妥協せずに取り組み、頑張ってきました。
今では本当にそうしてきて良かったと思っています。
そして、三つ目は「自分はこれだけやってきた!」という自信を持てるようなものを作って欲しいということです。
私は小さなまとめノートを一冊作り、それに自分が覚えていないことをどんどん書き込んで、移動中に見たりして覚えていました。
また、地理がまったく取れなかったので、センター前に参考書を一冊買い、それを何度も繰り返しました。
代ゼミサテラインでは地理と生物のセンター予想テストを受講し、最後のまとめにとても役に立ちました。
それらをセンターの休み時間などに見直して、自信を持ってテストに臨むことができました。
最後に、私はセンター試験の一ヶ月ほど前、風邪をこじらせて学校を一週間ほど休み、その後もしばらく体調を崩してばかりでした。
でも、親や仲間、塾や学校の先生方に助けられて、なんとかセンターでもいい点数を取ることができました。
受験前はどうしても無理をしてしまいがちですが、食事と睡眠をしっかりとって、万全の体調でテストに臨めるようにしてください。
みなさんのことを心から応援しています。

●「みなさんに言っておきたいこと…」
長崎大学 医学部医学科 合格
佐世保北高卒  S・Yさん

私が後輩の皆さんに対して言っておきたいのは4つです。
まず1つ目は「本当に行きたい志望校を早めに決めること」です。
受験生活の中では思い通りに結果が出ず,志望校を下げようと考えることもあります。
そんなとき「この大学に行きたい」という思いが勉強をするエネルギーを与えてくれることでしょう。
だからこそ、自分が行きたい志望校を早めに決めてほしいと思います。
そして、勉強のビタミン剤にしてもらいたいです。
2つ目は「コツコツ勉強していくこと」です。
皆さんが高3の1月に受けるセンター試験は、教科書に書いてあることがテスト範囲です。
また、定期テストは教科書の内容を複数回に分けて、その範囲での出来を調べるものです。
そして、定期テストの試験範囲を合わせると、センター試験のテスト範囲となります。
だから、一つひとつの定期テストで努力していた人は必ずセンターでも得点できるはずです。
私は定期テストの勉強には力を入れていました。
遅くともテスト1週間前には1週間の予定表を作り、どの日にどの教科をどの教材を使って、どれくらいの時間勉強するのかの計画を立てて勉強するようにしていました。
私はよくしていて、皆さんに絶対してほしくないのが「寝ながら勉強法」です。
ベッドや布団、こたつの中に入って寝そべって行う「寝ながら勉強法」は、体がきついときや寒い冬の日にはしてしまいがちだと思いますが、電気をつけっぱなしで寝たりするので決して行わないようにしてほしいです。
国語や英語のテストはほとんど暗記で解けたので、声に出して本文などを暗記しました。
数学は自分の参考書を使い、苦手だと感じる分野は演習を繰り返しました。
物理・化学は自分の参考書を使って理解を深め、学校で購入したテキストで演習するようにしました。
また、センター対策や苦手教科・分野の克服は早い段階から自分でコツコツやっておくのがいいです。
サテラインを使ってセンター対策や苦手克服をするといいと思います。
国語では現代文の青木先生、英語は富田先生が面白く、教え方が上手なのでオススメです。
是非サテラインを上手く使って、学力アップして下さい。
3つ目は「楽しんで勉強すること」です。
新しいことを知る喜び、今まで理解できなかったことを理解できた嬉しさ、友達と競い合う楽しさを感じながら受験勉強をしていくことで、受験生活が嫌なことばかりではなくなるはずです。
きっと志望校への学習にも力が入ることでしょう。
4つ目は「周囲の人に感謝すること」です。
この1年、私は多くの人に支えられて受験生活を過ごしました。
家族や友達、後輩たち、先生など本当に多くの人に応援してもらったと感じます。
おそらく皆さんが受験を迎えるときも、多くの人が受験生である皆さんに気を遣ってくれると思います。
ここでしっかり覚えていてほしいのは、そのような周囲の人のサポートが決して当然のことではないということです。
皆さんにがんばってほしいという願いや皆さんへの好意からそのようにしてくれるのです。
だから決して当然だとは考えず、周囲の人に感謝して受験生活を送ってもらいたいです。
最後になりましたが、皆さんの第一志望合格を心から祈っています。頑張って下さい。

●「後輩のみなさんへ」
長崎大学 医学部医学科 合格
佐世保北高卒 S・S君

私は小学生のときから「将来は絶対に医者になる」と心に誓っていました。
小学校のとき、学校の勉強だけでいいのかとの思いが強くなり、両親に相談しこの代々木教育ゼミナールに通うようになりました。
代ゼミでの学習は学校でならったことがここまで応用できるのかと、その奥の深さが楽しく、また、同じように感じている友達がいることに安心と喜びを感じていました。
そのうちに「医者になるため」のステップとして北中を目指すようになり、そのまま北中から北高へと進学しました。
中学高校とがむしゃらに勉強した思いはないのですが、そんな僕の実力を支えてくれたのが代ゼミでした。
そんな私の生活が一変しました。
高総体が終わるとともに部活の練習がなくなり、受験勉強だけに専念するようになったのです。
はじめのころはまだまだ医学部を目指すには難しい位置にいましたが、「医者になるという夢は絶対に諦めたくない」という思いから厳しい毎日になることは覚悟して、毎日毎日勉強だけに全力を注ぎました。
私は英語が大の苦手でした。
英語を勉強していて楽しいとは感じるのですが、なかなか成績が上がりません。
基礎を見直すのにどれだけ代ゼミの先生方にお世話になったか解りません。
そのうちに自分にとっての英語のウイークポイントが見えてきました。
英単語に弱く、語彙力の強化が課題でした。しかし、覚えても覚えても無限に控えているように感じました。
ですから、常に英語のこれと決めた単語の本と、それをもとにした単語帳を持ち歩いていて、ひまさえあればそれを見て覚えていないものは書き出し、声に出して発音を確認しました。
まずは一冊の単語帳に絞って何度も何度も繰り返し頭にたたき込みました。
さらに、一つの単語について一つの訳だけではなく、いくつかの訳をまとめて覚えるようにし、他の単語と関連づけて覚えやすくするなど、いろいろな工夫をこらしながら英単語の習得は試験が始まる瞬間まで続けました。
最後の最後まで本当に英語では苦しい思いをしました。
ですから、皆さんはなるべく苦手教科を作らないようにしてください。
センター試験前や二次の前にはなるべく全教科に時間をかけられるようにするのがベストだと思います。
そのためにも英語や数学など短期間で成績の向上が望めそうにない教科は予習や復習、課題など日々の努力を怠ることなくこつこつと積み重ねていくことがとても重要だと思います。
苦手教科を得意教科に変えることができれば一番良いと思いますが、最低でも苦手教科を苦手ではなくすことができれば自信を持って試験に臨むことができるはずです。
私の場合、数学や物理、化学と得意な教科があったので、入試に向けて苦手教科の克服に専念できたのは助かりました。
1教科でも1科目でもいいので、早い時期に完璧に仕上げることができれば大変な財産になります。
センター試験の前や二次試験の前に得意教科の勉強時間を苦手教科にあてられます。
苦手教科があるということで心に焦りも生まれますが、その教科の勉強に専念できることで焦る気持ちを少しは抑えることができました。
とはいえ、高総体が終わり、センター試験までは今振り返れば短くも思えますが、とても長い道のりに思えました。
全力を注ぎ学習に努めても成績に表れず、目標が近づいたかに見えても、また、遙か彼方に遠のいたりと、ゴールが見えずに苦しくて、途中で投げ出したくなることが沢山ありました。
しかし、それを支えてくれたのは友達と家族、そして先生方でした。
来る日も来る日も、平日も休日も関係なく目標に向かって勉強に取り組んでいる友の背中を見て、「僕もやらなくては」と頑張ることができました。
先生方には、夜遅くなっても納得ができるまで何度も何度も質問をし、入試間近には面接の練習もしていただきました。
また、家族には生活のリズムを僕の時間に合わせてもらい、身の回りのことをほとんど任せていました。
この受験という試練を乗り越えられた今、いかににいろいろな人に助けられ、支えられているのかを身をもって感じ、今は感謝の念でいっぱいです。
今回、私が一番伝えたいことは感謝の気持ちを忘れないで受験に望んでほしいということです。
そして、多くの人に支えられているからこそ厳しい受験と立ち向かえるのです。
同じ試練に立ち向かっている友がいるからこそ心強く、戦い続けられるのです。
このことを感じ取ることができれば、どんなにつらくても自然と受験勉強を乗り越えることができ、そして最高の結果をつかみ取れるのだと思います。
ぜひ、自分を支えてくれる先生方を信じ、友のがんばりを自分の糧として、厳しい受験競争を勝ち抜いてください。
最後になりましたが、みなさんのがんばりを心から応援しています。

●「代々木教育ゼミナールの生徒の皆さんへ」
一橋大学 経済学部 合格
佐世保北高卒 M・T君

私は高校二年生の冬休みから代々木教育ゼミナールに通っていました。
自分が年間を通して受講したのは富田先生の「ハイレベル英文読解」です。
初めはその解説に圧倒されるだけでしたが、まめにその解放をなぞって頭の中で復習し、徐々についていけるようになり、また、夏休み中には付録を全てノートに書き写して頭にたたき込みました。
夏期と冬期には一橋対策の講座も受講しました。
大学別の対策授業は二次試験の傾向や過去の良問を学ぶことができ、とても役に立ちました。
サテラインは授業を何度も視聴することができ、受講する時間も自分で自由に決められます。
私は曜日を決めて受講し、あとで見直して忘れた箇所があればもう一度見直しました。
そして、テキストの付録などもしっかり勉強して力を伸ばすことができました。
私は復習を行うことで優れた先生方の解放や考え方などを頭に定着させることを意識しました。
使い方によっては大きく力を伸ばすことができるとてもよい制度ですので、上手に利用して、第一志望合格を勝ち取って欲しいと思います



①毎日勉強するクセをつける!
一人で勉強すると「明日から頑張ればいいや」となってしまいますが、苦手教科からこそ、毎日勉強し続けることが必要なのです。

②反復することでしか記憶は強化できない!
前日学習したことを必ず復習し、週末に2度目、3度目の復習を行うことで記憶定着する。

③わかるところからスタートする!
わからない

覚えられない

やる気がなくなる

ますますわからない

の悪循環を断つ!

そのためには焦らずゆっくりと。

④学校の勉強を中心にする!
学校の課題、問題集の理解を完璧に!定期考査を受験勉強の核とすることが佐世保の高校生には必須です。

⑤よけいなものは覚えない!本当に必要なことは教科書の2割!
「2:8の法則」を使えば8割Getは確実!

⑥ヤル気をおこす!
人は人の言葉で成長します。

映像授業の有名講師は君のメンタルケアまでやってくれませんが、代々木教育ゼミナール高等部では専任講師がキミのヤル気を出させ、キミを大きく成長させます。

先ずは「心の知能指数」を上げることが大切です。





授業料が安いワケ…

代々木教育ゼミナールでは新聞折込チラシも折り込み回数を必要最低限に抑えています。

なぜなら…そういうことをしなくても「口コミ」で生徒さんが来てくださるからです。

今年度も開塾以来、最高の生徒数となりました。

ありがたいことです。

それから…
新聞チラシの印刷も折り込みも、テレビやラジオのコマーシャルもお金がかかりますが、それを支払っているのは結局生徒さん(の保護者)なんですよね。

代々木教育ゼミナールでは、それらにお金をかけない分、授業料を少しでも安くするように努力をしています。

もちろん、パンフレットは準備しておりますので、お電話でご請求ください。

また、立派なビルにテナントで入ると高い家賃を払わなければなりませんが、これもやはり生徒さん(の保護者)が支払っているようなものですよね。

ご相談・お問い合わせはコチラへ!

icon 小中学部: 0956-22-9966

icon 高等部 : 0956-22-4466

お悩み一緒に解決しましょう!
24時間/365日受付中!


→メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話でお願いいたします。


ページトップに戻る